キャンドルの扱い方

■点灯前

  1. キャンドルは、不燃性のキャンドル・ホルダーに真っ直ぐに立つようにして、しっかりと安全にセットしましょう。
  2. 周囲に書籍などの紙類、カーテン、家具、ベッド、その他の可燃物がない、水平で安定した所を選んで置きましょう。
  3. 芯の理想的な長さは約15mm程度です。長すぎる場合はハサミで切り、極端に短すぎる場合(火が点かないほど短い場合)は芯の周りの蝋(ろう)を削って芯を確保しましょう。

■点灯中

  1. 火が点いている間は目を離さず、就寝や外出の際には必ず消しましょう。芯の赤い残り火が消えるところまで確認すれば安心して熟睡できます。
  2. 点灯中のキャンドルは、小さなお子様やペットの届かない場所に置きましょう。
  3. 点灯中または消灯直後のキャンドルの持ち運びは避けましょう。
  4. もしも煙が出てきたら 消しましょう。
  5. テーパーキャンドルに飾るフラワーリングをお使いの際は、飾りと炎を5cm以上離すようにしましょう。
  6. 点灯中のキャンドルは風のあたる場所などを避けて置きましょう。転倒のおそれがあるだけでなく、一方向からの風を受け続けると蝋垂れを起こし、綺麗に使い切る前に燃焼が終わってしまいます。
  7. 換気にも気をつけ、小さな部屋で沢山のキャンドルを点けるのは控えましょう。

■消灯時

  1. 消すときはそっと消しましょう。誕生日のように強く吹き消すと蝋や火まで飛ぶ恐れがあるので、普段はキャンドル消しを使うのがおすすめです。
  2. ピラーキャンドルのように芯の太いキャンドルの消火の際は、ピンセットや釘などで芯を燃焼鉢(液化した蝋が溜まっている部分)に浸してすぐに真っ直ぐに起こしてください。こうすると、芯の後燃えを防ぐことができ、再点火もしやすくなります。
  3. 直径の大きいキャンドルはキャンドルの燃焼鉢(前述の液化した蝋のプール)に溶けた蝋がいっぱいに溜まるまで消さないようにしてください。短時間の燃焼を繰り返すと芯だけ先に燃えてしまい、炎が小さくなります。
  4. 消火後もしばらくはホルダーや容器が熱くなっていますので、やけどに注意しましょう。

■後片付け

  1. 燃焼後キャンドルホルダーに溶け残った蝋は柔らかいうちに割り箸のようなもので取り除いておきましょう。すでに固まっている場合は沸かしたお湯をホルダーに注いで蝋を軟らかくしてから取り除きましょう。燃焼直後に取ってしまうのが一番です。
  2. 液化している蝋は新聞紙や雑紙に吸い取らせてゴミ箱に捨てましょう。シンクに流した場合、配管が詰まってしまいますので避けましょう。
  3. 衣服に蝋が付いてしまった場合、簡単には取れません。クリーニング店に依頼しましょう。無着色の蝋で付着量も少量の場合は当て布をして低温のアイロンをかけると、蝋染みを消すことが出来ます。

■保管時

  1. 保存するときは、キャンドルが曲がらないよう、箱や引き出しにしまって平らな状態にしておきましょう。高温を避け、湿気のない暗いところに保管しましょう。
  2. ホコリがついてしまったら、乾拭きしてきれいにしましょう。
  3. よりゆっくり、より均等にキャンドルを燃やしたいときは、キャンドルを冷やしたり凍らせたりしてから使うと良いでしょう。
以上、キャンドルの使用上の注意でした。